ウェルネスダイニングの品質の安全性について

ウェルネスダイニングの品質の安全性について

ウェルネスダイニングでは、食品の衛生管理が徹底されていますが、具体的にどのような点にこだわって安全性が管理されているのでしょうか。
詳しくご紹介していくことにしましょう。

 

ウェルネスダイニングでは、5つの安全項目が設けられています。

1.衛生管理

 

2.使用食材

 

3.調理方法

 

4.再加熱処理

 

5.保存方法

衛生管理

まず衛生管理ですが、ウェルネスダイニングが取り組んでいるのは、調理工場内における不衛生要素の徹底排除です。
常に清潔な環境で調理されており、食事を完全密封して瞬間冷凍するまで、細菌やウイルスなどの排除に気を配っています。

使用食材

2の使用食材に関しては、近年あらゆる食品工場の不正が発覚していることから、消費者は神経質になっていますが、ウェルネスダイニングでは国産品を使用することを徹底しています。

 

万が一、国産品で対応できない場合は、厚生労働省の輸入食品等試験成績証明書が付いている食材だけを、厳選して使用しているのです。

調理方法

3の調理方法ですが、ウェルネスダイニングは、完成品ではなく9割加熱した状態のものを急速冷凍しています。
これは、直前に電子レンジで温めることを想定した配慮であり、より美味しく頂くことができる理由でもあるのです。

再加熱処理

4の再加熱処理とは、ようするに食べる直前に電子レンジで改めて加熱することから、2度食材を温めることになり、安全性が増すことを指しています。

保存方法

5の保管方法についてですが、到着後はすぐに冷凍保存することを呼びかけており、食べきることができなかった場合は、廃棄するよう促しています。

宅配

 

これはウェルネスダイニング利用者の協力があってこそ、初めて成立する安全項目の1つですが、現在のところトラブルなどが発生していないところを見ると、全ての項目がしっかりと遵守されていることが分かります。

健康管理や食事制限など、利用者ごとにウェルネスダイニングの利用目的は違いますが、食に対して安全性を求める点は変わらないものです。
安全性と品質管理は、今後も徹底されていくことでしょう。


このページの先頭へ戻る