ウェルネスダイニングで食事配達するメリット・デメリット

ウェルネスダイニングで食事配達するメリット・デメリット

指さし女性

毎日自分で料理を作ることは、何かと面倒なものです。

 

その点、ウェルネスダイニングを利用した場合、どのようなメリットやデメリットが発生するのでしょうか。

メリット

献立を考えないで済む

最大のメリットは、毎日献立を考えなくて済むということでしょう。

 

料理を作ることが好きな人でも、毎日の献立にはつい悩んでしまいます。
更に、栄養バランスやカロリーバランスを考えた献立は手間がかかるたため、継続してくことが難しいものです。

 

その点、ウェルネスダイニングであれば、6つのコースの中から適切なコースを選ぶだけで、栄養バランスの取れた食事を毎日続けることができます。

管理栄養士が手作りしている

また、病院食の経験がある管理栄養士監修のもと、すべて手作りで作られているという点もメリットの1つでしょう。

 

自分で料理を作る際に、難しい栄養計算やカロリー計算をすることは大変です。
ましてや食事制限がある場合は、毎日の献立を考えるだけでも苦労してしまいます。

 

一方、ウェルネスダイニングでは、メニューが100種類以上用意されており、和洋中とメニューが充実しているのです。
どんなに料理が好きな人であっても、ここまでメニューを充実させながら全体のバランスを考えていくことは簡単なことではないでしょう。

冷凍保存が可能

それから、3ヶ月以上の冷凍保存が可能となっている点も、ウェルネスダイニングならではのメリットです。
これなら、急な外出があっても食事が無駄になることはありませんし、食材が傷む心配をする必要もなくなります。

デメリット

次にデメリットですが、1つは冷凍庫がかさばるということでしょうか。
ウェルネスダイニングでは、高機能パッケージを使用しておかずをパッケージ化していますので少々かさばるのです。

 

そのため、自宅の冷凍庫が小さいと収納に困ることがあります。
また、まとめて購入した方が安くなるものの、元々小食である場合は割高感を感じてしまうでしょう。

 

とはいえ、これだけ内容が充実した食生活を毎日送ることを考えると、やはりウェルネスダイニングを利用した方が、メリットが大きいといえそうです。


このページの先頭へ戻る