食材宅配サービスと食事配達サービスの違い

食材宅配サービスと食事配達サービスの違い

野菜

食材配達サービスと食事配達サービスは、全く違うサービスを提供しています。
それぞれの価格や特徴、サービス内容について詳しく取り上げていくことにしましょう。

食材配達サービス

まず食材配達サービスですが、こちらは食材や食品などを配達してくれることになっています。
スーパーで購入するよりも、価格はやや高めとなっていますが、食材の鮮度やおいしさ、有機野菜、無農薬野菜、無添加食品など、こだわりのある食材や食材などを購入できるのです。

 

そのため、食への安心や安全を求める人に最適なサービスだといえるでしょう。

 

ただし食材を利用した献立の内容は、自分で考えるかレシピを参考にして作る必要がありますし、毎日の食卓をすべて食材配達サービスで賄おうとすると、それなりの食費がかかることがあります。

 

また提供されている食材や食品の種類に限りがあるため、飽きやすいというデメリットもあるでしょう。

食事配達サービス

一方、食事配達サービスですが、こちらはすでに調理された食事が届けられるシステムとなっています。価格は一食あたり、500円程度から1,000円前後と幅広い価格設定であることがほとんどです。

 

自分で調理する手間が省けることから、料理が苦手な人や、健康管理に気を使っている人、一人暮らしで食生活が乱れやすい人などから人気を集めています。

 

それから、糖尿病や高血圧、腎臓病などの患者さん向けの献立や、高齢者向けの献立も扱っていますので、用途に合わせながら利用することが出来る点も特徴の1つでしょう。

 

これが食材配達サービスの場合、調理や味付けに関しては自分で行う必要がありますので、カロリーオーバーになりがちです。
食事配達サービスでは、そのような心配はありませんし、自然解凍や電子レンジで温めるだけの簡単調理となっています。

 

メニューの内容も味付けも偏りがないだけではなく、管理栄養士が栄養価やカロリーを考えて美味しい味付けとなっていますので、病院食のような物足りなさを感じることはないでしょう。

 

以上のことから、食材宅配サービスと食事宅配サービスのどちらか一方を選ぶとするならば、食事配達サービスの方が利便性が高く毎日続けることができるといえるのです。


このページの先頭へ戻る