ウェルネスダイニングと他社宅配サービスとの違い

ウェルネスダイニングと他社宅配サービスとの価格などの違い

近年、食に関する様々な悩みを抱える人が増えていることから、食事宅配サービスが注目を集めるようになってきました。

 

今回はウェルネスダイニングと他社宅配サービスとの違いについて、詳しく取り上げてながら比較していくことにしましょう。

価格に違いについて

まずは価格です。

 

1食あたりの料金が一番安いのは、ウェルネスダイニングです。
500円前後ですので、格安だといえるでしょう。

 

続いて、武蔵野フーズ、ニチレイフーズ、美健倶楽部という順になります。

カロリーについて

次にカロリーですが、こちらも一番低いのはウェルネスダイニングです。

 

利用するコースによっても違ってきますが、1食あたり200kcalが基準となっています。

 

ちなみに、ニチレイフーズは1食あたり平均240kcal、武蔵野フーズは315kcal、美健倶楽部は240kcalです。

 

これらは、すべておかずのみのカロリーですので、ご飯1膳分140gの235kcalを含めると、もう少々カロリーは高くなります。

 

ところでそれぞれの食事配達サービスには、どのような特徴があるのでしょうか。

食事配達サービスの特徴

ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニング
ウェルネスダイニングは、管理栄養士が監修しており手作りである点や、厚生労働省の証明書付きの食材だけを使用している点、1食あたりで使用している食材の種類が、10品から15品となっている点が挙げられます。

武蔵野フーズ

武蔵野フーズ
武蔵野フーズは、施設の利用者に対して実際に食事を提供している実績が、豊富である点を挙げることができるでしょう。
食事療法用宅配食品等栄養指針に基づいて、管理栄養士が献立を作っていますので、安心して口にすることができます。

ニチレイフーズ

ニチレイフーズ
ニチレイフーズに関しては、メニューが豊富である点や、大手の食品会社が提供しているサービスである点を挙げることができるでしょう。
ただし、管理栄養士が監修しているわけではありません。

 

そのため塩分過多になるなど、献立の内容にばらつきがあることから、食事制限がある場合は医師に確認してから取り入れる必要があります。

美健倶楽部

美健倶楽部
最後に美健倶楽部についてですが、ディナー限定の宅配となっており、ご飯付きのフルセットか、おかずのみのデリカセットから選ぶことが出来るようになっています。
汁ものが付いてくる点も、特徴の1つでしょう。

 

個別包装なのは嬉しいところですが、湯せん解凍が必要であるため、少々手間が掛るのが難点です。

それぞれのサービスの内容と比較してみましたが、結果的に一番おすすめなのはウェルネスダイニングということになるでしょう。
カロリーや栄養のバランスが取れており、利便性や安全性が高く価格がお手頃となれば利用しない手はありません。


このページの先頭へ戻る